フリー(個人)パーソナルトレーナーの集客方法

フリー(個人)パーソナルトレーナーの集客方法


ライター

フリートレーナーとして活動するうえで、集客というのは非常に大切ではありますが、フリーとして活動し始めたばかりの人にとっては中々難しいものです。そこで今回はフリートレーナーの集客方法について解説します。

ダンベルバナー

ハイおなっすパクチー大原です。

今回は、フリーで活動しているパーソナルトレーナーの集客活動と、トレーナー活動をしている人であれば知っておきたい新たな集客方法をご紹介します。

フリートレーナー2つのタイプ

フリートレーナー2つのタイプ

フリーのトレーナーは、大きく分けて2つタイプがいます。

ジムと業務委託契約しているトレーナー

このタイプのトレーナーは、基本的に一つのジムに常駐しているのではなく、個別に契約をしている複数のジム(店舗)で活動を行っています。

集客は、基本的に自分で行っていますが、ジム側から施設を借りているということもあり、パーソナルの売り上げの一部(4~2割)をジム側に支払います。

  • ティップネス
  • コナミ
  • ゴールドジム
  • NAS
  • エニタイムフィットネス

などが主な活動場所となっています。

完全フリーのパーソナルトレーナー

業務委託契約と違うのは活動場所です。例えば、公共のスポーツ施設・顧客の自宅・トレーナー自身が賃貸契約しているマンションの一室などが挙げられます。この場合、完全に自力のみで集客をする形になり、業務委託契約のトレーナーよりも集客が難しくはなります。

ただし、売り上げはすべて自分のものになる。というメリットがあります。

フリートレーナーの集客方法

トレーナーの集客方法は主に7つに分類することができます。

ポップ・チラシ配り・ポスティング

ポップ・チラシ配り・ポスティング

主に、自分を認知してもらうための集客方法です。

ポップとは、ジムの掲示板などを使い、自分がここで活動していることをアピールすることです。

チラシ配りとは、総合型ジムで活動を始めたばかりのトレーナーが挨拶(顔みせ)の意味も含め自らチラシを配布することです。

ポスティングとは、活動している近辺で自分の存在をアピールする為に、業者などを使い不特定多数の人に対しチラシを配布することです。

これらの集客方法は、認知してもらうツールとしては優秀なのですが、これだけを見て実際にお客さんが申し込みをすることは基本的にはないです。ほとんどが別の集客方法と合わせてクライアントを獲得する形になります。広告だけをみてパーソナルトレーニングを申し込んでくる人は1000~2000人に1人くらいでしょう。

割引キャンペーン&初回体験

割引キャンペーン&初回体験

割引キャンペーンとは、通常よりも割引した価格でパーソナルトレーニングの申し込みを受け付けるというものです。

ただし、期間・人数限定で行わないと割引価格が当たり前になってしまい、新規の申し込み数が落ちてしまいます

ですので、「限定感」をしっかりと出していく必要があります。

初回体験も同様、初回は通常よりも安い価格で受けられるようにすることです。「今のうちに受けなければ損」と思ってもらうことで効果が期待できます。

前項で紹介したポップだけでは効果がなくても、この集客方法と組み合わせると実際に申し込んでくれる人の数が多くなります。

イベント

イベント

イベントとは、業務委託先のジムで月に数回ほどのペースで無料のトレーニング講習会を複数人に対して行うことです。

目的は、パーソナルトレーニングに触れ、その価値をわかってもらい、次回以降の有料のパーソナルトレーニングに繋げること

単に教えるだけではタダ働きになるので、継続して定期的にトレーニングを受けた方がいいと思ってもらえるような教え方や接し方を心掛ける必要があります。

社内交流

社内交流

社内交流とは、業務委託先のジムスタッフから入会者の手続きを行う際に自分のことを紹介してもらう集客方法です。

個人で集客を行うよりも色んな人の協力のもと行ったほうが効率的なので、スタッフとは良好な関係を築いておくことをおすすめします。

中には、ジムスタッフと仲良くなるために頻繁に飲みに行ったりジムのスタッフに向けて無料のパーソナルトレーニングを実施している人もいます。

ただし、過度に期待するのではなく”紹介してもらえたら嬉しいな”ぐらいで思っておくほうがいいでしょう。

飛び込み営業

飛び込み営業

飛び込み営業とは、トレーニングで休憩中の人や掲示してある自分の広告を見ている人に対し、直接話しかけて行う集客方法です。

他の営業ツールにはない「押し」が使えるので、受けようか受けないか迷っている人や現状に不満を抱えている人に対して集客の効果が期待できます。

しかし、押しが強すぎるとただの押し売りになってしまうので、メリットをきちんと伝えることや、威圧感をなるべく感じさせないことが重要です。

飛び込み営業は、メンタルの強さ・高いコミュニケーション能力があれば短期間で多くの顧客を得やすいです。一刻も早く顧客がほしいといった人にはこの集客方法をおすすめします。

この集客方法を行う場合は、会員数が2000~3000人ぐらいの総合型ジムや24時間ジムの場合は人がいる時間を狙うと良いでしょう。

常駐しながら集客する

常駐しながら集客する

一定の時間、ジムで勤務しながら顧客を得る方法です。

全く素性が分からないトレーナーでは、広告だけでパーソナルトレーニングを申し込まれることは少ないです。

しかし、日頃から知っているトレーナーとなると親近感を持ってもらうことができ、申し込み件数も増えやすくなります。

同時に飛び込み営業を行うとより効果が見込めます。

SNS・ホームページ・ブログ

SNS・ホームページ、ブログ

SNSやホームページ、ブログなどを広告媒体として活用し、自分が何者でどんな指導をしているのか細かく分かるようにしておくのです。

ポップや顔見知り程度では自身の詳細を伝えることは難しいですが、ネット上に自分の情報を公開することで、パーソナルトレーニングに興味・関心がある人にアピールすることができます。

しかし、ネットの集客方法としては必須の手段ですが、それなりに手間も時間もかかります。

例えば、SNS。定期的に投稿するためのネタや写真を用意する必要があり、タグ付け・フォロー返しなどに時間がかかります

ブログでは、無料で見栄えの良いサービスはありますが、SEOといってGoogleやYahooで上位に表示されるための知識・技術が必要になり、手間も時間もかかります。

そして、ホームページ。これもブログと同様に手間と時間がかかります。

どれも無料で使えて便利なサービスですが、アクセスを集めるだけの作業が自力になってしまうのと、かけた労力の分だけリターンがあるわけではないことが一番のネックです。

ここまで見ると″結局どれも難しいんじゃないのか?ネットの集客ってやる意味あるの?″と思われてしまいますよね。でも、最近出来たサービスで、紹介からアクセスを集めるまでを手伝ってくれる検索サイトがあるのです。

パーソナルトレーナー検索サイト

お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、現在、自分もそのサイトに登録しています。(こちらがパクチー大原のページ

この検索サイト(トレタス)は、パーソナルトレーナーと顧客をマッチさせるサイトになっていて、紹介から集客までを行ってくれます。料金も予約が入るまでかかりません。

トレタスの活用方法

まず初めに行うことは、自身のトレーナー登録です。自分の乗せたい情報を専用のページに入力すると、デザイン性の高い形でネットに公開することができます。

一からホームページを作る手間が省けるうえに、プロ仕様の情報を提供できるのはかなり魅力的ではないでしょうか。

個人のトレーナー情報

ネットという大海に自分のトレーナー情報という船を浮かべることは、あなたの情報を見てもらう意味で非常に役立ちます。

まだネット上で宣伝活動をしていない人は自分を認知してもらう場所を確保するという面からもトレタスはおススメです。

費用の話をしますね。初期費用は無料です。トレタスの契約画面から予約申請が入った時だけ手数料を支払う仕組みになっています。(詳しい料金形態)登録費用とネットへの掲載費用は無料なので、とりあえず登録しておくというのも良いと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

業務委託やフリーのパーソナルトレーナーには技術だけなく集客力も必要なのだということが言えると思います。集客方法も様々あり、自分に合った方法かどうかは人それぞれ違うのでいろいろと試してみることをお勧めします。

ダンベルバナー
カテゴリ:トレーナー向け
タグ:

取材・この記事を書いた人

投稿者・寄稿者
大原 優一 (Yuichi Ohara)

通称パクチー大原。フリーのパーソナルトレーナーとして活動中。TwitterやYOUTUBEで「『こうすればもっと早く筋肉をつけられるのに‼️ダイエットができるのに‼️』という過去の自分に教えたい筋トレ&ダイエット情報」を発信している。2023年の東京ボディビル選手権で優勝します。


取材依頼・お問合せ

当サイトでは、パーソナルトレーナーの方の取材依頼を受け付けています。自薦、他薦は問いません。ご希望の方はコチラよりご連絡お願い致します。取材・出張費は一切いただきません。

関連記事 RELATED POST

関連記事がありません