• HOME > 知識 > パーソナルトレーニングを受けるならジム?それとも個人トレーナー?
パーソナルトレーニングを受けるならジム?それとも個人トレーナー?

パーソナルトレーニングを受けるならジム?それとも個人トレーナー?


ライター

パーソナルトレーニングを受ける場合、”パーソナルトレーニングジムでトレーナーにお願いするほうがいいのか”、それとも”個人トレーナーにお願いするほうがいいのか”、それぞれのメリットとデメリットについてご紹介していきたいと思います。

motionsfitバナー

ハイおなっす!パクチー大原です。

今回はパーソナルトレーニングを受ける際に、”パーソナルトレーニングジムでトレーナーにお願いするほうがいいのか”、それとも”個人トレーナーにお願いするほうがいいのか”、についてそれぞれのメリットとデメリット紹介していきたいと思います。

パーソナルトレーニングジムのメリットとデメリット

パーソナルトレーニングを受けるならジム?それとも個人トレーナー?

パーソナルトレーニングジムとは、そのジムに所属しているパーソナルトレーナーから毎回トレーニングを行うジムのことを指します。

パーソナルジムといっても多種多様なジムがあるので、ここではライザップを比較対象として説明します。

パーソナルトレーニングジムのメリット

通うメリットは3つ。

  • 1.返金保証がある
  • 2.結果を出すまでのデータが蓄積されている
  • 3.目標達成までのサポートが手厚い

1.返金保証がある

パーソナルジムは満足してもらえなかった場合、最初の1ヶ月間に関しては返金保証の対応を行っています。(※ジムすべてがそうではない)

返金してもらえる条件もハードルが高いものばかりではなく、

  • 引っ越しが決まったから通えない
  • 仕事が忙しく、時間が作れない
  • 思っていたプログラムと違った
  • 高額な割には結果が出なかった
  • 急な予定で通えなくなった

など、個人的な理由でも認められることがあるのも大きなメリットと言えます。

2.結果を出すまでのデータが蓄積されている

顧客が結果を出すまでのデータを多く蓄積し、それを社内で共有できるため経験が浅いトレーナーであっても培ったデータとノウハウさえあれば経験の差に関係なく結果を出すことができます。

3.目標達成までのサポートが手厚い

毎回の食事の内容をチェックするサービスや顧客の不安を取り除くための心理的サポートまで受けることが可能です。そのため、ダイエット中の停滞やトレーニングへの不安も払拭することができます。

パーソナルトレーニングジムのデメリット

  • 1.料金が高い
  • 2.セット料金しかない
  • 3.入会金がかかる

1.料金が高い

パーソナルジムの料金は、パーソナルジム以外(エニタイムやジョフィットなど)のトレーナーにお願いするよりも比較的高めの値段設定になっています。なるべく低めの料金で依頼したい方はパーソナルジムではないほうがいいかもしれません。

2.セット料金しかない

基本的に一回のセッションをその都度申し込み、都度料金を支払うというシステムではなく、2ヶ月なら2ヶ月分の料金を一括で支払わなければなりません

一括支払い、分割払いでの支払いも難しいといった場合はデメリットになります。

3.入会金がかかる

3つ目のデメリットに関しては、大よそ2~4万円の入会金がかかることです(ジムによってもバラつきあり)。数万円単位の入会金はパーソナルトレーニングジム特有のものです。この場合も料金をなるべく抑えたい人にとっては大きなデメリットになります。

個人トレーナーのメリット・デメリット

パーソナルトレーニングを受けるならジム?それとも個人トレーナー?

個人トレーナーとは、パーソナルトレーニングジムに所属せずパーソナル行っているトレーナーのことを指します。メリットとデメリットについても見ていきましょう。

メリット

  • 1.料金が比較的安い
  • 2.都度払いが可能
  • 3.そのトレーナー独自のトレーニングや食事の方法が学べる

1.料金が比較的安い

個人トレーナーの場合は、広告料金や有名人の起用料金等がパーソナルトレーニング量に加算されていないため比較的安い料金でトレーニングを受けることができます

2.都度払いが可能

個人のパーソナルトレーナーの場合は基本的に料金の都度払いが可能です。

そのため一回だけではなく数回パーソナルトレーニングを受けて、回数券を申し込みたいという人や、毎回のトレーニングをトレーナーに見てもらうのではなく、”月に1回や2週に1回パーソナルトレーニングを受けたい”といった方は選択肢が個人トレーナーの一択になります。

3.そのトレーナー独自のトレーニングや食事の方法が学べる

個人でトレーナーしている人の中には、パーソナルトレーニングジムの研修では学べないようなトレーニング方法を習得していることもあるため、トレーナーの選び方次第でかなり質の高いパーソナルトレーニングを受けることができます

デメリット

  • 1.トレーナーの質にバラつきがある
  • 2.トレーニング時間外でのサポートを受けにくい
  • 3.返金保証がない

1.トレーナーの質にバラつきがある

ジムとは異なり、それぞれ知識も異なれば経験値も違います。そのため、どうしてもバラつきが出てしまいます。

例えば、同じ1万円のパーソナル料金でも、とても質の高いトレーニングを教えてもらえることもあれば、逆に経験値・知識不足から質の低いトレーニングになってしまうことも

そのため個人のトレーナーに頼む場合は、複数のトレーナーにパーソナル一回ずつ受け比較し、良いトレーナーを見つける必要があります。見極めることも大切になるため、パーソナルトレーニングジムのように全てお任せというわけにはいきません。

2.トレーニング時間外でのサポートを受けにくい

セッション時間外でのサポートを行っていない個人トレーナーが大半だということです。トレーナーにもよりますが、トレーニング時間外での質問等を行いたい場合は対応してもらえないこともあるためデメリットに感じるかもしれません。

3.返金保証がついていない

パーソナルトレーニングジムに比べると返金保証を行っているケースは今のところあまり聞いたことがありません。初めてのトレーナーとのパーソナルトレーニングの内容が悪かった場合でも支払った料金は返ってきません。

まとめ

パーソナルトレーニングジムと個人トレーナーだったらどっちがいい?

パーソナルトレーニングを受けるならジム?それとも個人トレーナー?

さてパーソナルトレーニングジムと個人トレーナーのメリット・デメリットをそれぞれ説明していきましたがどちらを選べばよいのでしょうか。

個人的な結論としては、トレーニング意外の時間でも全て徹底的に管理してもらいたい方はパーソナルトレーニングジムを選択したほうが良いと思います。

一方、より高度なトレーニングのノウハウを学びたい、付きっ切りではなく週一や週2でトレーニングや食事のとり方を教わりたい、毎回都度払いをしながらパーソナルトレーニングを受けたい、といった方は個人でやっているトレーナーを選択したほうが良いと思います。

良い個人トレーナーを知っていた場合は、大幅な減量を行いたいといった人も支払い方法や価格の点から個人トレーナーを選択するほうをお勧めします。

以上のことを参考にしていただき、自分がどちらに向いているのか、選択する際に是非参考にしてみてください。

motionsfitバナー
カテゴリ:知識

取材・この記事を書いた人

投稿者・寄稿者
大原 優一 (Yuichi Ohara)

通称パクチー大原。フリーのパーソナルトレーナーとして活動中。TwitterやYOUTUBEで「『こうすればもっと早く筋肉をつけられるのに‼️ダイエットができるのに‼️』という過去の自分に教えたい筋トレ&ダイエット情報」を発信している。2023年の東京ボディビル選手権で優勝します。


取材依頼・お問合せ

当サイトでは、パーソナルトレーナーの方の取材依頼を受け付けています。自薦、他薦は問いません。ご希望の方はコチラよりご連絡お願い致します。取材・出張費は一切いただきません。

関連記事 RELATED POST