• HOME > 情報 > バズーカ岡田推薦のスーパー大麦、バーリーマックスを試してみた!
バズーカ岡田推薦のスーパー大麦、バーリーマックスを試してみた!

バズーカ岡田推薦のスーパー大麦、バーリーマックスを試してみた!


ライター

今回は、バズーカ岡田こと岡田隆先生の書籍「無敵の筋トレ食」でオススメしていたダイエット食材、スーパー大麦を試しみました。前回のプロテインバーに続く、岡田先生推奨の食材です。

ダイエット遺伝子検査キット

はい、おなっすパクチー大原です。

今回は、バズーカ岡田こと岡田隆先生の書籍「無敵の筋トレ食」でおすすめしていたダイエット食材、スーパー大麦を試しみました。

書籍の画僧

前回のプロテインバー(SIXPACK)に続く、岡田先生推奨の食材です。

スーパー大麦(バーリーマックス)とは?

スーパー大麦(バーリーマックス)とは?

スーパー大麦(以下、バーリーマックス)は、通常の大麦と比べて4倍のレジスタントスターチ(食物繊維)を含む大麦のことです。つまり、食物繊維めっちゃ含まれている大麦ってこと!

そしてそんなスーパー大麦には大きなメリットが2つ。

便通が良くなる

一番のメリットとして挙げられているのが減量中の便通改善。減量中は炭水化物の摂取量が減るので食物繊維不足となり便秘になりやすいため、老廃物の除去を促す食材は欠かせません。

岡田先生は、一般的に便通に良いとされるヨーグルトやキムチを摂取するよりも、穀物から食物繊維を摂る方が効果が得られやすく、中でも少量で大量の食物繊維が摂れるバーリマックスが現状の最適だとおっしゃっています。

満腹感を持続させる

豊富な食物繊維によってお腹が満たされるので、減量には付き物である空腹感がかなり軽減されるようです。減量中に満腹感を維持できるなら無理せずダイエットを続けられそうですよね!

早速買ってみた!

早速買ってみた!

開封すると、ライ麦やオートミールに似た独特の穀物の匂いを感じます。野生っぽい匂いなので人間の奥底に秘められている本能が目覚めて体が絞れてくるはず!

みるみるうちにもう絞れてきた!(なわけない)

冗談はさておき、粒の大きさはお米より少し大きく、中心部分には大きなくぼみがあります。さて、このバーリマックス、実際に調理するとこの匂い、味になるのでしょうか。

早速調理してみましょう!

調理方法とお味

調理方法とお味

今回試したのは、白米とバーリーマックスを一緒に炊く調理方法です。詳細は商品の裏に「バーリーマックスの炊き方」という形で紹介されています。

説明にあるように、お米一合に対して30gのバーリマックスと水を気持ち多めに炊飯器に入れます。後は、白米の炊飯モードに設定してボタンをON!!

そして炊きあがったものがコチラ。

バーリーマックス

かなりふっくらと仕上がっており、穀物独特の匂いはだいぶ薄れ嫌な感じはしません。そして、これを茶碗に盛るとこんな感じ。

茶碗に盛る

減量中はなるべくお腹を満たしたいもの。白米だけよりもバーリーマックスが入っていたほうがかさ増しでき、見た目からも通常の白米だけより多く感じます。

バーリーマックス、なんという底力…お腹だけでなく見た目から満たしてくれるのか!

まとめ

減量中はいろんな食感や味が欲しくなりますよね?

鶏の胸肉を美味しく食べるために色々な調味料を試したり、サラダドレッシングのいろんなフレーバーを試してみたり。とにかく飽きないように工夫していると思います。

そういった感じで白米にも変化をつける意味でバーリーマックスを加えてみてはいかがでしょうか?

きっと食に新たな変化を与えることができると思います!

ちなみに岡田先生は、7分間茹でたバーリーマックスを鶏の胸肉に振りかけて食べているようです。また、茹でたバーリーマックスは冷凍保存することもできるので、食べる分だけレンチンしたり鶏胸肉と炒めたりなどして使うこともできるので簡単で便利です!

個人的な総評としては、便通の面では元から良いのでなんとも言えませんが、空腹は確かに感じにくくなりました!もし、便通または空腹を解消するための対策を探している方は試しに少量(180g)買ってみるのもアリです。

その他、玄米といった低GIの食べ物に飽きたという方も是非試してみてください!

ダイエット遺伝子検査キット
カテゴリ:情報
タグ:

取材・この記事を書いた人

投稿者・寄稿者
大原 優一 (Yuichi Ohara)

通称パクチー大原。フリーのパーソナルトレーナーとして活動中。TwitterやYOUTUBEで「『こうすればもっと早く筋肉をつけられるのに‼️ダイエットができるのに‼️』という過去の自分に教えたい筋トレ&ダイエット情報」を発信している。2023年の東京ボディビル選手権で優勝します。


取材依頼・お問合せ

当サイトでは、パーソナルトレーナーの方の取材依頼を受け付けています。自薦、他薦は問いません。ご希望の方はコチラよりご連絡お願い致します。取材・出張費は一切いただきません。

関連記事 RELATED POST